毛穴は正しい洗顔でケアしましょう

毛穴の悩みは、正しい洗顔でケアをしていきましょう。いきなり洗顔料を顔につけて、ゴシゴシ洗っては肌の負担になります。

 

それでは正しい洗顔のステップをチェックしていきましょう!!

 


ステップ@

まずは、毛穴を暖かいタオルなどで開かせるのが基本です。
バスタイムであれば、バスタブに浸かりながら、蒸しタオルを顔にのせるとよいでしょう。そうでなければ、清潔なタオルを水で濡らして、レンジで温めてホットタオルを作ると良いです。顔に直接のせますから、タオルが熱すぎないようにします。
程よいあたたかさのタオルをのせれば、毛穴は開いていって、奥の汚れなども浮き出しやすくなります。

 

ステップA

そのあとは、ぬるま湯で汚れを、軽く洗い流しましょう。角質や皮脂汚れが浮いていますから、洗い流しておきます。また、肌にこれから使用する洗顔料が使いやすくなります。顔を洗う前の注意点として、必ず手も洗ってからにします
手は細菌がたくさんいる場所ですから、清潔にして洗ってあげないと、せっかく丁寧なやり方であっても台無しになりかねません。また、手を洗ってからの方が、石けんなんかも泡立てがしやすいです。

 

ステップB

顔を洗う石けんなどは、モコモコに泡立てましょう。泡立てるときには、ぬるま湯を使うと泡立てやすくなります。あと、泡立てネットなどを使うと、簡単に泡立てることができます。できるだけ暖色がある、キメも細かい泡がいいです。

 

ステップC

顔を洗う時には、肌に手をこすりつけるような洗い方はしません。しっかりと泡立てた泡を、肌にやさしく押しあてて洗っていきます。肌には指を触れさせないで、弾力のある泡で、マッサージをするように、くるくると回しながら洗います。毛穴ケアのためにも、ゴシゴシ洗いはしてはいけません。
ゴシゴシ洗いは、肌へのダメージとなりますから、ほかの肌悩みも感じるようになってしまいます。そうならないためにも、肌は泡を浸かって、ソフトに洗うのが基本です。

 

ステップD

顔を洗ったら、清潔で柔らかいタオルを使い、肌の水分を拭き取りましょう。そのあとは、できるだけ早く保湿を行います。

毛穴ケアにはパックと洗顔

お肌のトラブルは、誰でも避けたいですが、特にお顔のトラブルとなると、隠しようがないので鏡を見る度に落ち込んでしまう場合もある程です。小鼻の毛穴が開き、そこに汚れが溜まってしまうと、黒くなり目立ってしまいます。そのような時には、パックをして、毛穴に溜まった角腺を取り除く方法があります。定期的に毛穴パックをして、老廃物や汚れを取り出す事により、毛穴の開きも小さくする事ができます。

 

しかし、綺麗になるからと言って、頻繁に行い過ぎてしまうと、逆に毛穴を傷つけてしまい、新たなお肌のトラブルを作ってしまう危険性もあります。
定期的な毛穴パックと平行して、正しい洗顔をする事により、お肌のトラブルを防ぐ事もできます。正しい洗顔方法は、洗顔料でキメ細やかな泡を作り、お顔を包み込むように優しく洗います。

 

汚れが気になる場所には、力を入れて洗ってしまいがちですが、キメ細やかな泡が、汚れを吸着してくれるので力を入れる必要がありませんし、力を入れて洗うと、お肌にダメージを与えてしまうので、意識して優しく洗う事が大切です。髪の毛の生え際や、顎なども忘れないように洗い、泡が残らないように丁寧に流します。洗顔後は、化粧水などで、お肌を整えてあげると良いです。

 

ターンオーバーってなに??

毛穴から皮脂が過剰に分泌されてしまうと、ニキビができ易いなってしまうなどのトラブルが発生します。このような状態を、ターンオーバーと言います。ターンオーバーは、皮脂の分泌バランスが崩れてしまっている状態ですが、正しいスキンケアを行う事により、改善する事ができます。

 

ターンオーバーになると、お肌のベタつきが気になりますが、皮脂を全て取り除こうとしてしまうと、更に皮脂が分泌されて、悪循環になってしまいます。慣れるまでは不安になりますが、スキンケア用品を使って、保湿を行う事により、過剰な皮脂の分泌を抑える事ができます。また、食生活の見直しや、規則正しい生活も、お肌のトラブルを回避する効果があります。